読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haru_z1kのブログ

30年勤めた国家公務員を中途退職し、ボリビアで中山間地農業をやっていましたが、実家の事情で急きょ帰国しなければならない羽目に...。ボリビアには当分戻れそうにないので、これ以上ボケが進まないように、ニュースや生活の中から頭の体操をしていこうと考えています。

ボストンの爆弾テロ

犯行声明は、まだ、出ていない。

8歳の子供を含む3人の命が絶たれた。何の関係もない人々を標的にしたことに激しい憤りを感じる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013968711000.html

 

アメリカはテロに対して厳しい国だ。

過去のテロ事件でも必ず犯人または犯行グループを割り出している。

今回も早急に見つけ出して欲しい。

 

テロは未然に防げれば、それにこしたことはないが、防げなかった場合、その後の迅速な対応がきわめて重要だ。今回のテロのニュースで、日本人参加者が答えたインタヴューの中に、「爆発直後、携帯電話がつながらなくなった」というコメントがあった。

映像を見る限り、基地局が破壊されるような広範囲・大規模爆発ではなかった。

考えられることは、当局または携帯電話会社が、携帯電話の基地局を一時的に閉鎖したことだ。

携帯電話は爆弾の遠隔操作に良く使われているので、被害拡大防止のために、マニュアルが存在していたとしても不思議ではない。また、マニュアルに従って迅速な行動をとれる人間が主要なポストに配置されている。アメリカは過去に学んで行動できる公務員が多い。ミサイル発射情報を謝って発信するようなバカを、そのような大事なポストに就けている国とは違う。