読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haru_z1kのブログ

30年勤めた国家公務員を中途退職し、ボリビアで中山間地農業をやっていましたが、実家の事情で急きょ帰国しなければならない羽目に...。ボリビアには当分戻れそうにないので、これ以上ボケが進まないように、ニュースや生活の中から頭の体操をしていこうと考えています。

やはり日本の夏は暑い。

連日、35℃を超える猛暑日が続いている。ちなみに今Wikipediaで調べたら、日本では35℃以上の日のことを「猛暑日」というらしい。

リビアでは日中40℃を超えることはザラにあった。反射で気温計が50℃を指すなんて事もよくあった。

牧場で日中は、雑草処理や果樹の枝打ち、柵の補修等手入れを行うのだが、木陰で休むとガラパタという吸血虫におそわれるので、山に入ると休憩することができない。2リットルのペットボトルに水を入れペットボトルが空になるといったん山を下りて休憩する。

搾乳場はオープンタイプだが屋根があるので、器具を洗浄して干しておく棚で仰向けになって休憩する。空の青さと風の涼しさが心地よくてついつい長めの休憩をとってしまう。湿度が日本より低いのと「土」が気温を和らげてくれる。夜中や早朝は寒いくらいだ。

日本に帰ってきて二度目の夏を迎える。去年はゴタゴタがあったこともあり、忙しい日々を送っていたせいか、そんなに暑いとは感じなかったのだが・・・。

現在、午前2時。部屋の気温計を見ると31.3℃を指している。ボリビアではエアコンのない部屋で3年間過ごした(車にはクーラーが付いていた。)ので、いつかボリビアに帰ることを考えると、日本でもエアコンは使いたくないし、余分なお金も使いたくない。

 

でも、熱中症で亡くなる方もおられることだし、冷風扇くらい買おうかなぁ。

扇風機をMAXにして「うるさい」日本の夏を過ごすか現在検討中。

この冷風扇、なんでこんなに安いんだ?