読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haru_z1kのブログ

30年勤めた国家公務員を中途退職し、ボリビアで中山間地農業をやっていましたが、実家の事情で急きょ帰国しなければならない羽目に...。ボリビアには当分戻れそうにないので、これ以上ボケが進まないように、ニュースや生活の中から頭の体操をしていこうと考えています。

朝日の謝罪。アメリカではどのように報道されているのでしょうか

今朝はNHKだけでなく民放のどのチャンネルでもまたインターネット上でも朝日の謝罪会見に関するニュースでいっぱいです。
それではアメリカではどうなのでしょうか。

午前8:00〜9:55まで、各ニュースサイトのsearchで「asahi」と入力し、9/11以降の記事を調べて見ました。


Reuterのアメリカサイトでは、吉田元所長が、公表された調書の中で、原子力発電設備の密集化の危険性について心配していたという内容から、柏崎原発の再稼働は大丈夫かといったニュアンスの記事が有ります。
そして、その中で朝日新聞に関する部分を抜粋してみると、

The government has been under pressure to release the transcripts after the Asahi newspaper in May published a series of stories based on a leaked copy of Yoshida's testimony.

The newspaper retracted a key claim on Thursday - that workers at Fukushima Daiichi had fled the plant despite an order from Yoshida to stay.

とまず、朝日新聞が5月に吉田調書をリークしたことが政府公開に繋がったと説明したうえで、その新聞が、吉田所長の命に反して逃げたとする主張(key claimについて、すみません。適切な言葉が思いつかないので主張とさせていただきました。)を取り消した。
まぁ読んだ人は何のことか判らないでしょうね。
ちなみに文責は
Reporting by Mari Saito and Kentaro Hamada; Additional reporting by Kiyoshi Takenaka; Editing by Nick Macfie
となっており、3人の日本人らしき記者の名前があるのですが、編集したMr. Nickの意向が反映されて判らなくなった可能性もありますから微妙です。いずれにしても、この記事が朝日の記事取り消しを主体として書かれたものではないことだけは確かですし、記事のリソースである朝日新聞との契約で、なんらかの制限がかかっているのかもしれません。

Late Fukushima manager flagged risks of Japan's big nuclear plants | Reuters

 

プルームバーグ及びニューヨークタイムスでは全く触れられていません。

ウォールストリートジャーナルではきちんとした記事を書いているようですが、有料会員のみに公開されている記事なので、内容までは分かりませんでした。


President of Japanese Newspaper Apologizes for Errors - WSJ

しかし、日本向けサイトでは時事通信の記事として紹介されていて、恐らくですが内容も似ているのではないかと考えています。


「吉田調書」記事を取り消しへ=朝日新聞社長、誤り認める - WSJ

 

CNN InternationalとABCでも、ついでにBBCも調べて見ましたが、全く報道されていません。